ライフステージごとに毛深さも変化していきます。

まず、赤ちゃんから児童期までは、男女で体毛の濃さはあまり変わらず、体が小さい分、手や足も産毛のような細い毛が多いというイメージだと思われます。 このため遺伝からくる毛深さが多いと考えられています。
しかし、体毛も体の成長に応じて、変化し、遺伝意外の影響を受けることがあります。

思春期になるにつれ、女性ホルモンや男性ホルモンなどの、性ホルモンの影響がだんだんと大きくなり、男性はひげやすね毛が濃くなり、女性もわき毛やすね毛がだんだんと濃くなってきます。
自分が人と違って毛深いのではと悩み始めるのは、この時期ではないでしょうか。


毛深さが安定してくる大人であっても様々なことに影響されます

大人になり、性ホルモンの量が決まると、おおよそ体毛の濃さは一定になりますが、ストレスや生活習慣によって、男性ホルモンが優位になり、一時的に濃くなることがあります。
ストレスだけでなく、食生活や生活習慣によって影響を受けやすいホルモンバランス。
子供のときに比べ安定したといってもナイーブに変動しやすいものなので、健康管理とともにホルモンバランスの管理をしていくことも重要です。

毛深さが気になってしまったら

女性として毛深さが気になってしまうのは当然です。そんな時は脱毛に通うのが良いでしょう。 近年では脱毛はかなり値段が安くなりました。ワキの脱毛などは数百円で通い放題などあります。 ですが、やはり毛深い女子としてはミュゼの全身脱毛(回数無制限など)を強くオススメします。 全身脱毛は回数無制限ではない基本回数である6回程度でもその後そこまで生えて来なくなります。 数年たっても以前の毛深さではなく、薄く感じるでしょう。女性としての自信も持てるようになります。

更年期が近くなってくると…

その後、女性は更年期になると、卵巣から生成される女性ホルモンであるエストロゲンが減ることにより、男性ホルモンが優位になります。 男性ホルモンが優位になることにより、すね毛などのムダ毛が濃くなり、毛深くなったように感じます。 さらに年齢を重ね、老年期になると、今度は体毛が少なくなってきます。 これは、毛が生えている毛根の毛包に力がなくなってくることで、新たに毛が生えてこなくなるからです。 このように考えると、一生の中で40年以上、ムダ毛処理に悩まされるということがわかると思います。

こんな記事も読んでいます

  • 毛深い人は、毛の成長が早いためどうしても処理の頻度が高くなってしまいます。 そのため、自己処理でムダ毛処理を行うと、肌を傷つけてしまうリスクが高くなります。毛深い人が避けたほうがいい、肌ダメージのリスクを上げてしまう処理方法…

    毛深い人はNGな脱毛方法

  • 医療脱毛はエステの脱毛よりも高いというイメージから、敬遠している人が多いようですが、剛毛の方は、実は、エステよりも料金が安く済む場合があります。 エステのフラッシュ脱毛の場合、毛深い人は…

    毛深い方が実は脱毛が効果的

  • 栄養の摂りすぎでも体はうまく機能しませんし、栄養が足りなくてもダメです。
    色んなものをバランス良く摂れば、体が上手にバランス良く栄養素を運んでくれるようになります。
    すると毛深さの原因ともなる女性ホルモンのバランスが整ったり…

    食生活から毛深い改善